ギターの弦張り替えからスタート-自我復元後日記[403]

今日は仕事はお休みです。

9月1日、7年近く保管していたギターを出して、
切れたままだった一番高音弦の張り替えから、まず、一歩。
サイトなどを参考に、張り替えてみました。

とても嬉しそうな私のギター。
写真にとりましたので、見てあげてください。

d0331270_1414482.jpg


d0331270_1424100.jpg


d0331270_1422181.jpg


ギターの講師依頼もとんとん拍子に進み、
準備が整い次第、レッスンをスタートしてくださることになり、
楽しみ!

氏家麻衣さんの曲、自分でも弾けるようになれたら、
路上ライブも夢じゃない!
私、子ども好きだから、木枯らしが吹く中、
手袋をした子どもが私の演奏を聴いてくれて、演奏が終わったら、
「バイバイ、タッチ!」するのが、いいな。

昨日も、かわいいんだ。レジでね、4才ぐらいの女の子かな、
「むすぅ~っ」とした顔でいるから、笑顔で「バイバイっ!」って言ったら、
手を伸ばしてくるんだよね。そしてわかりますか、小さい子って、
大人みたいに手を振らないの。腕をまっずぐ伸ばしたまま、手のひらを振るんだよ。
正確にいえば、肩関節を右左に回して、バイバイをするんです。
バイバイだけでも、全身運動なんです。子どもにとっては。

それでまたバイバイって微笑んでお別れとなり、一瞬、その子が歩き出そうした時、
その子、立ち止まって、すぅ~っと、そのまま手を伸ばすんだよね。
わかりますか。これも正確にいえば、腕はもう伸びているんで、前のめりに
私に手のひらを届かせようとするんです。

タッチしたかったんだよね・・・そうだよね、はい、タッチ!バイバイっ!!

ああ、かわいい。

かわいいだけじゃないよ。すごく必死なんだ、子どもって。生きるのに。
それだけのことを、すごく思いをこめて、決断して、身体全体で決めてやるの。
私は、そのひたむきさをこよなく愛しているんだよね。
大丈夫、私も必死で、あなたとタッチするから。そう、いつも伝えるんだ。

そしてお別れ。お別れはお別れなんだ。
もう会わないことを、その子は知っている。
その後ろ姿を私はしっかり感じたい、感じられる大人でありたい。

僕、ほんとに子ども大好きなんで、
音楽以上に語っちゃうみたいね。

はい、音楽の話。

で、そうそう、昨日、職場での2度目の休憩中、
持参したCDウォークマン(古いでしょ、単三で動くの)で
Uruさんの「すなお」を聴いていたんです。夜11時前、8月の本当の終わりに。

泣いちゃって泣いちゃって。

それは、歌だけで、っていうんじゃないんです。

私、こうやってブログをずっと書いてきて、
読者の皆さんと毎日、ずっと会っている、と思っていたから、
みんなと会っていることなんて、慣れているはずだったのに、
ふと、天音さんのことを思い出して、今もフルートやっているのかな、とか、
楽器や歌、やっていた方、他にもいらしたかな、とか、
泣いちゃいました。

泣いちゃったのは昨日なので、もう泣いていないので、
あの、天音さんはまだフルートやっていますか?
今朝、youtubeで見たんですけど、「ホールニューワールド」とか好きかな。
アルパとフルートでのデュオは、すごく音が綺麗なハーモニーになるような気がして、
一緒にやれたらなあって。私、口が先なので、ぜんぜん弾けないんですけど、
この前アルパの発表会で弾いていた生徒さんがいて、私もやりたいかな、って思って。

もはや、私がアップしたyoutubeの動画【7日目】元気に歌ってきました!
動画と無関係なお話ページになっておりますので(笑)、
どしどし、やろう、とか、やらないよ、とかコメント(?)くださると嬉しいです。

どんどん話はあれこれなんですが、
バイオリンとかやっていらっしゃる方はいないかなぁ?
Uruさんの「すなお」という曲なんですが、途中からバイオリンの音が入って、
すごく良くて。

氏家麻衣さんのカーテンコールのライブ動画でも、
アップされているものの中に、バイオリン奏者との共演もあり、
あの世界観、夜の心象風景、楽しみと悲しみ、その表現世界に
とってもマッチしていて、私、この大好きな歌、おじいちゃんになっても歌いたくて、
これから先、バイオリンと一緒に歌えたらなあ、って、
昨日、販促物を交換している時に、その妄想から抜けられなくなってしまって・・・

私ね、今回、ほんとに皆さんのおかげで、
「表現」というのがすごく楽しくなっちゃって、
自分の声にも多様な表現の可能性がある一方で、世の中にはたくさんの楽器があって、
手拍子だって、口笛だってあるし、音楽の場って、音を出さなくても、
踊っているだけでもいいし、観ているだけでもいい。観れない時は、そばにいてくれる
だけでいい。そこにいてほしい。ただ、いてくれるだけで十分なんだって。

とまで、思いを言ってしまうと、楽器の話じゃなくなっちゃいますが、
そんな思いが私にはあります。
私自身、音楽を楽しみたいって、ほんとに思えた。
だから、こういう自分の「好きな気持ち」から、私は、
「私と一緒にやってほしい」って、今、言えるようになったんだって思って、
だからもしも、このブログを今、今というのはリアルタイムでなくてOKよ、
今、これを読んでいる方の中で、なんか楽しそう、私もなんかやってみたいかな、と
半歩、そのまた半歩でいいから、やってみていいよ、という方がいたら、
上↑のリンク先、7日目の動画でなくてもどこでもいいので、ご一報ください。

そうそう、この前のライブで言われた。
そりゃそうだ、って話だけど。

「この歌のオケ音源もなく(もちろん楽譜もない)、メトロノームだけで、って、
よく(ライブに)出よう、って度胸があったね」

確かに。鍵盤ハーモニカだけで、最初の音を「プー」と鳴らして、
あとはメトロノーム。歌の技術も未熟なので、とうとう最後まで音がとれなかった。
必ず、最後に半音どころか全音、上がってしまったりして、
その私が、人前で歌ったことすらほとんどなく、伴奏をつけていただいての演奏など
生まれて初めての舞台。

でも、度胸とか、一度も脳裏をよぎらなかったな。

どうしてもやりたかった。ただそれだけだった。
歌いたかった。この歌をどうしても。
そして、何より、その私の気持ちを見てくれる、聴いてくれる、
私とその時間を過ごしてくれることを想像するだけで、
本番前、電車の中でも、私はあまりに幸福だった。

ごめんね、ぜんぜん、脈絡ない話です。

そんな本番、MCがめっちゃ楽しくて、
私、昨夜、本気で思ったのは、
フラッシュモブとかやるとするじゃないですか、
楽器はみんな持ち寄るだろうから、私はいいかな、
MCだけやって、最後に、子どもとバイバイタッチできればいいかな、とか、
まじで思ったんですね。いいとこどりなんですけど(笑)
なので、恨まれちゃいますね。私も歌うし、楽器もします、やっぱり。

というわけで(←なんの話をしていたのか、わからなくなった時に便利ね)、
なんだっけ、ギターをやれそうだよ、っていう話と、
楽器できる方、踊れる方とかも、あとまた歌ったり演奏したりする時は、
見に行ってあげるよ、という方、いらしたら、是非お願いします、という話と、
そう、最後に、今日はお休みなので、DVDを昨日借りてきたんですよ~!


「風たちぬ」


です。朱いはがねさんのコメントを見て、僕、映画の主題歌になっているとか
ぜんぜん知らなくて、「ひこうき雲」をウィキペディアで調べちゃいました。

「一週間フレンズ。」も主題歌が「奏」だったんです。
それもあって、興味深く見たりして、それと、
水彩の月、あれも、映画「あん」の主題歌で、それもレンタルして
その時借りてみたりしました。

あと一つ、いいですか。話・・・。

今回の経験で、「表現ってすごく面白いなあ」って
皆さんのおかげで私が生まれて初めて体験できたんですが、
動画の終盤前までは、ずっと地声にこだわり続けていたのは
私にとって宝物で、自分の声が好きになることができました。

私は、氏家麻衣さんもUruさんも、Uruさんはとくに氏家麻衣さんとは反対に、
ファルセットのような表現が魅力的に見えるのですが、
お二人とも私から見ると、「地声」がとても魅力的なんです。
地声の変身を楽しんでいる、という言い方もできるかもしれません。
地声、それは「自分」ともいえるかもしれませんが、
その地声へ思い、「私は私として生まれてきてよかった」という思い、
私は私にとって他にかえられない宝なのだ、という思い、
それがあるからこそ、歌の表現を心から楽しめているのだと思いました。

息の混ざり方、どこに声を届かせたいのか、
声の分類ではそれが「地声」でなくても、
その人だけの地声の「見せ方」が、声の多様さ、声という楽器の豊かさだと思いました。

他者から見れば「見せ方」となると思いますが、
本人の立つ位置からすれば、それは、感情が流れゆく旅路を
ただただ、「楽しんでいる」ことになると思います。

お二人ともたくさんのカバーをアップされていますが、
オリジナル曲こそ一層の輝きを放っているのを拝見するたびに、
私もこういう歌い手さんになりたい、と素直に思えます。
またそう思えることが、歌う私自身にとっての宝ものなんです。

そんな思いが昨日から強くあって、
いろいろなことを感じた月末、そして、月初でした。

何度も言いますが、
私のブログを読んでくれて、本当にありがとう。

ギターを弾こうと思ったから、だけじゃないんですが、
私、だんだん、身体を動かせるかもしれない、って、
昨日から身体が準備を始めています。

まだ私は休みが、それは確かに春くらいまではかかりそうです、
休みが必要ですが、私のこの長いお休みは、
私にとって、まるで春のようなんです。

歌えてよかった、そう感じています。


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.9.01
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-09-01 15:51 | 愛美通信☆メトロノート


<< ひこうき雲-自我復元後日記[404] 明日の歌-自我復元後日記[402] >>