昨日の続きね!-自我復元後日記[347]

七夕祭りの写真を何枚かとりました。
毎年、商店街は七夕飾りでいっぱいなんです。

d0331270_13185183.jpg


d0331270_13192368.jpg


d0331270_13195923.jpg


d0331270_13202415.jpg


今日は仕事の時間まで、のんびり過ごそう~。

なんだか眠たい。

さっき、私の大好きなごま豆腐も食べたし、
もうちょっと残っているさくらんぼジャムとクッキーでも食べて、
コロコロしましょ。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.08
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-08 13:28 | 愛美通信☆メトロノート

七夕-自我復元後日記[346]

ジャジャン!

d0331270_2314524.jpg


これは2杯目なんですけど、かき氷です(^O^!

レモンシロップですね。

冷たいんです!

当たり前のことばかり書いていますね・・・(笑)

1杯目は、イルカさんの器を選んで、それに氷どっさり、
それに、ぶどうのシロップをたくさんかけました。
紫・・・です、ね。
やっぱり、ブルーハワイとか、真っ赤なイチゴもひかれますが、
この色!っていうのが、いいですよね。で、私は、グレープかけ放題でした。

2杯目は、カエルさんの器。

透明な器だと、とっても美味しそうなんですよー!

今日、地元商店街の七夕祭りに行ってきたんですけど、
みなさん、「子育てひろば」って知ってますか?
お母さんと子ども、おもに、乳幼児のお子さんが多くて、
未就学児の子どもも遊びに来る、親子広場なのですが、
ここは空き店舗を利用してのひろばなので、今日のようなお祭りでも、
暑い日、ふらっと、すぐに室内で休める、そういう素敵なところなんです。

で、あるお母さんたちが食べてたかき氷が、とっても美味しそうだったので、
これ、どこで?って訊いて、教えてもらったのが、このかき氷、でした。

4年の間、ご無沙汰していた場所でした。
あ、その子育てひろば、ね。

1時間くらい子どもたちと遊びたいなぁって思っていたら・・・
結果的には、5時間以上、遊んで遊んで遊んでいました(^^/

一緒に絵本を読んだり、
おもちゃで遊んだり、
ちっちゃいフィギュアでごっこ遊びをしたり、
一緒にドーナツを食べたり、
スーパーボウルすくいをしたり、
かけすぎたかき氷を笑ったり、
つかまえっこしたり、
つかまり立ちを助けたり、
ほっぺに冷たいゼリーのくっつけ合ったり、
うんちとか、おしっことか、そういうのが好きな
年齢の子たちとキャッキャッと言ったり、
ちょっと待ってって、その子が戻るのを待ったり、
店頭でよびこみをしている子を応援したり、
汗でぬれた子の背中、その上着をつまんで涼しくしてあげたり、
4年ぶりに会ったお母さんたちと話したり、
その頃2才だった子に覚えてないよねぇ~!って笑い合ったり、
遊んじゃいけない売り物のおもちゃでこっそり遊んだり(内緒ね!)、
だっこしたり、私のあぐらの上に座って離れない子もいたり、
おもちゃを他の子にとられて泣いている子を見ていたり、
このような場所では珍しい女子中学生と子どもたちとみんなで遊んだり、
珍しい楽器に触れ、みんなで(なんでもあり)演奏したり!、
一緒に踊ったり、手遊びをしたり、歌ったり、ジャンケンぽいをしたり、
「これ、こわーい!」って床に落ちたのり(食べるのりね)を一緒に見合ったり、
帰りたくないから、お母さんを困らせたり・・・笑ったり、走ったり!


この4年という時間は、
私は、1年後の私はあるのだろうか、
暗闇の毎日を過ごしてきたけれど、
今日、思いました。


何も変わっていない、と。


何も変わっていないんです。


何も、です。


まわりが、だけじゃなくて、
私自身の内面もすべて、何もかものすべてです。


何も変わっていないんです。


子育てをしているお母さんも
その最中、いつ終わるかわからない今日を過ごして、
1年後を想像できない日々を送ってきたと思います。


それでも、3年、4年、これから先も、


「こんにちは、お久しぶりです。お元気ですか」


と、何も変わっていないことを痛感します。


変わりません。


私たちは、ずっと、今日の子どもたちと同じ子どもだったこと、

その


「子どもらしさ」


は、変わりません。


変わらない、何一つ変わらない、


その


何も変わらない、変わっていない、


そこに、


戻る


「おかえりなさい」


の場所が、


あるんだと思います。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.07
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-07 23:57 | 愛美通信☆メトロノート

優しい時代に生まれて-自我復元後日記[345]

レジの仕事、とりわけ、食品レジの仕事というのは、
本当に素敵な仕事なんです。

いつも仕事が終わり、疲れて地元の駅に着き、
深夜までやっている私のスーパーに入って、
今日食べるものを買い、レジに持ってきて、
お客さんは、ほとんどしゃべらず、少しの相づちと少しの返事をして、
毎日、買い物をして、家に帰る。

スーパーというのは、レジの仕事をしていると
とてもよくわかるんですが、地元、それも、お店のそばに住んでいる方に
支えられて成り立っています。もちろん、お互いさまで、お客さんの食生活も、
私のスーパーがあって、成り立っています。
だから、よく思うのは、本当に顔なじみなんですね。
でも、しゃべらないんですよ。めったに、お互い。

大人になると、毎日のように、毎日とは言わなくても、
数日に必ず一回は会う知人、というのは、ほとんどいなくなります。
会社の同僚などを除けば、ほとんどいなくなるんです。

そういうなかで、毎日、あるいは、2日にいっぺんは会えて、
食べる、というとても個人的な内容を共有することを了解し、
お金という大切なものを手から手へと、渡し合います。

そんな会話がない日々の中でも、
私への励ましのお便りのように、沈黙を破る時があります。

先日も、夜10時半の休憩の時、
私は半額になったパイナップルを買って、
お買い物を入れたりする台のところに行くと、

「あ、私も!・・・半額」

って、半額のカットパインを持ちあげて、
笑って見せてくれました。

「半額、よかったですね!」

もちろん、私もうれしくてそう言ったわけですが、
それだけで、私たちは、すべて、わかるほどに、
毎日を共有しているんです。

半額になるには、30分くらい値引き時間が早かったんです。
売れ残り具合によるわけですが、それでも、30%引きが妥当かな、
ということを、そのお客さんも知っているんですよ。
だから、半額のパインを買えたうれしい気持ち、その物語が、
レジから離れた私に、思わず、言葉が漏れたのでしょうね。

昨日も、こんなことがありました。

若い女性の方が、スマホで何やら話しながら
レジに来ます。レジの会計の初めから終わりまで、
スマホで話をしている方は、今、とても多いですね。

その中で、私ができるのは、
少し声を小さくするとともに、
その人が話せない分、少しですが、どうしてほしいか、
可能な限り、配慮し、手伝います。

昨日は、ちょっと、ずるいんですけどね(笑)、
何やら、恋の話かなんだか、ちょっとつらそうなんですね、話の内容が。
それで、私は、お箸をどうぞ、って、手でその位置を、普段よりやや丁寧に
目で見てわかるように、差したんです。

「えっ!」

その方は、カゴの上に乗せられた買い物のビニール袋を
咄嗟にどけて、「ああ」って言って、お箸をとりました。

かんぴょう巻きだったかな、お寿司がワンパックあったんですが、
私にはよくわかったんです。自分が何を買ったかも、結構、
多くの方、覚えていないんです。とくに、その方のそのような気持ちの時は。

「・・・スプーンは、よかったかな?」

と、今度は私がビニール袋をどけてみて、
ヨーグルトやプリンなどがなかったを、確認したんです。

会話どころか、うんもすんもない、相づちも返事すらもない
こういうパターンのレジ会計の時間のはずが、

「優しい」

って、彼女は、ほっとした顔で言いました。

だから、ちょっと、私が恋敵だったらずるいんですが、
そういう中でないので、ずるくてもよくてね、
そういう優しさが必要な時は、誰にでもあると思います。

それで、その一言で、
また数年、笑って生きていけるんです。

そして、私が書きたいのは、
その一言、そのやりとり、パインもそうです、
喜びを口にしたその瞬間、それこそが、
私たちの、本当は、過ごしている日常なんです。

今の時代は、人間味を失っている時代だと、
今の時代の人は思うかもしれない。

レジの仕事もオートマティックにどんどんなって、
自販機のようになってしまったと、
今の時代の人は嘆いているかもしれない。

私は、

これほどに優しい時代はない、と思っています。
こんなにも、みんなが心に優しさの種を大事に守ろうとした時代を、
後世、私たちは誇りに思う日が来ると思います。

失ってしまいそうだから、
何としてでも残そう、これだけは死守しよう、
私は、それは、「優しさ」だったと思うんです。
いえ、それは現在進行形で、「優しさ」だと思うんです。

自我復元は、私にとって、
「優しさ」そのものでしたし、今もそれは、
「優しさの結晶」として私の目に映ります。

2013年7月6日、
4年前の今日、私のブログは書き始めましたが、
その前から、その後から、幾つもの
自我復元ブログが生まれました。

そのどれもが、優しさそのものでした。

ご紹介するのは、私のその日のブログになってしまうのですが、
同じ月日の今日、もしよかったら、今の読者の方も、
また、以前読まれた方も、もう一度、
そこにある優しさを感じていただけたら嬉しいです。

こちらがその記事になります。

http://mmjhb11.exblog.jp/19220845/



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.06
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-06 16:00 | 愛美通信☆メトロノート

今日も笑って生きていくぞ!-自我復元後日記[344]

今日もたっくさん、

ずっと、ずっと!


笑っていこうっと!!


今日、買い物行った時に見つけた
私の背よりも、うんとおっきい向日葵。

私の大っすき!な夏の、まっすぐな黄色、大輪の花。

この夏、毎日、見られるように、
私のPCの壁紙にしました☆^^☆

d0331270_15325932.jpg


かっこいいなあ、私はこのひまわりに負けないくらい、
今日も大きな声で、仕事してくるよ!

私は今の仕事をして、何度も私のこの

「大きな声」

を、たくさん、たくさん、励ましてくれたお客さんがいました。

私が元気がない時も、
私をずっと見てくれていた人からの
「心配しています。頑張ってください。応援していますよ」
その言葉は、私の心を、どんな時も支えてくれていました。

これだけは、書かないと、って思います。

私は、今の仕事、大好きです。

大きな声を精一杯出して、頑張ってきた私のこの仕事でした。

そして、今、

私は、その何倍も大きな声で、

「いらっしゃいませ」「ありがとうございました」

と、一日、お一人お一人の数分、言えていて、

これほど、幸せなことはありません。


私はこれからも、


「大きな声で、いつも見ていて、本当に気持ちいいです」


と、たくさんの人が感じてくれるように、


私自身が、私のこの大好きな声を心から愛し、


もっと、もっと、



「大きな声」



の私でいたいと思います。


この仕事に出会えて、本当によかった。

私の一生の宝物です。





◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.05
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-05 15:46 | 愛美通信☆メトロノート

生活-自我復元後日記[343]

今日はずっとしたかったシーツやタオルケットの
お洗濯をしました。

家のなかはハンモックだらけです(笑)
朝倉さやさんの最上川舟唄のPV、見た人!
あんな感じです・・・乗れませんが(^‐^)

でもかっこいいなあ。
花笠音頭も東京音頭も、一節歌われる時のさやさんの声、

「ハァ ヤッショ マカショ シャン シャン シャン!」

私はお祭りが大好きで、
阿波踊りとかも大好きで、いつか、本場四国に行きたいなあって
昔、思っていました。

民謡を聴くと、ああ、世界にはたくさんの文化があり、
子どもっぽいかもしれませんが、そう思うと、
「いろいろな所、行ってみたいなあ、そこでたくさん、
私のこの身体で体験してみたいなあ」って思うんです。

今日は、「生活」について
書いてみたいなあ、と思います。

生きる、活きる、と書いて、生活ですね。
あらためて、この元気で、明るい言葉に弾かれました。

生きる、だけでなく、「活」がそこにあること。
それは、そこに、

「行ってきます」と「おかえり」

その両方がある、そういうことだと
私は思いました。

それは、別の言い方をすれば、

「生」と「死」

その両方が、私のうちにあること、
とも言うことができると思います。

シーツを洗う、洗濯物を干す、
ご飯を炊いて、食事を作る。

そういう日常の一つ一つが生活なのですが、
いつもそこには、行ってきますとおかえり、
生と死があります。

だから、

「生死」

でもいいものを、そこを

「生活」

と喝破した古来の人々、生き様、
それは私が言う、反逆の生、そのものでもあり、
かっこいいなあって私は思うし、同時に、
これが生活の知恵、それを育んできた優しさだと
本当に、そこに、我が家というものがあるのを感じるんです。

そう思えば思うほど、
たくさんの土地の、その土地の話、継承されてきた生活様式、
こういうものを、少しでも多く、私は知りたいし、
そこに身を置いて、全身で、感じ取りたいんですね。

山形には花笠祭りがあり、徳島には阿波踊りがあり、
私がまだまだ知らないお祭りが、日本だけでなく、
世界各国にあって、そこに、そのすべてに
生と死、そこに正面から向き合った人間の姿、

「生活」

があるのだと、私は思っています。

どうでしょう?皆さん、生活の「活」に込められた
潔さ、激しさと優しさ、正直さを伝えることが、
私は出来ていますでしょうか?

私は、東京の新宿で生まれ、
大人になるまで、そこで育ちました。

前にも書きましたが、新宿という土地は
とても甘い匂いがする土地で、
私はその甘い匂いが、とても好きでしたし、
今もとても好きです。

新宿というと、人間らしさのない、
殺風景なイメージを持っている方もいるかもしれませんが、
それは、他者からもたらされたイメージであって、
そこに住まう人が、本当に感じていることではないと、
私だけじゃないと思います、多くの人が感じていることだと思います。

私が住んでいた家の前の大きく長い商店街も
今では、その時にあったお店が数件しかなくて、
それでも、私は思うんです。

この大きな道路、ここから見える空、
これだけは、ずっと同じだなあ、って
大人になってから、生まれ育ったその道を歩くたびに思いました。

こうやって、それでも残っているものを見ていこう、
心に残していこう、そうやって故郷を訪れる人たちが
私以外にも、きっと、たくさんたくさんいて、
そういう思いの結晶が集まって、新宿の空気の中を舞い、
この街の甘い匂いになっているんです。

昨日、80人もの方が、今、
このブログを見てくれているんだ、ということを書きましたが、
私は、とても素敵なことだなあ、こんな体験ができてよかったなあ、って
昨日、寝る前にも思いました。

何の面識もない方が、
たまたま私のブログを知ってくれて、
読んでくれて、少し読んでみようかな、と
記号としてでしかない、表面的なこの文字を頼りに、
私はこれを信頼だと思っていますが、
私と関係を持ってくれている。

ネット上の、この「土地」に
一緒に住んでいるわけですが、
私が、すごいことだな、これがこの時代に残した誇る遺産だと思うのは、
それは、新宿の匂いのように、わずかな信号で繋がってみよう、
それを信じてみよう、顔が見えない関係の中で、
それでも、自分の身を置いてみよう、そこに預けてみよう、
これほどの信頼って、どこから生まれるんだろう、というほどに
私は今この時代を生きている人の、私はその誠実さに、
心を打たれるんです。

世界には、顔が見える関係の土地もまだ残っているし、
そこに伝わる大切な文化もたくさんあります。
私はそういう文化に、とても関心がありますし、
お祭りというのは、「生活」の原点に戻れるように、
自らの誇りを失わないように、そう強く願って、
先人が身を懸けて、守り抜いたものだと思います。

今、お祭りという形では見えにくい、
顔の見えにくい土地、文化、今日話したように
このブログ自体もそうですが、
しかし、ここに、やはりお祭りはあるし、固有の匂い、
人間らしさはあります。

私はね、

このブログで、あの人好き!とか、いつも言っていますけど、
私は、私のこのブログが本当に好きでね、
何度も自分のブログなのに読みなおしたくなるくらい好きで、
もう、アクセス数、というカウントの仕方で言えば、
私がたぶん、一番です(笑)

そのくらい好きなんです。

きっと、ここにお祭りがあるからなんです。

昨日も思いました。

誕生日のその一日の間の、どの一秒も、
私は最高の一秒だったと、言い切れる一秒、その一秒が
たっくさん集まって、一つになった一日でした。

こういう大切な思いを、
私はブログを書くことで忘れたくないこの大切な思いを、
自分自身のために、残しているんです。

お祭りという形で、
ぎゅっと、その結晶を、生活というものを
私はここに残しています。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.04
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-04 15:37 | 愛美通信☆メトロノート