(後半)反逆の笑顔-自我復元後日記[358]

『(前半)反逆の笑顔-自我復元後日記[357]』の続きです。


・・・


私の仕事中の話に戻ります。

笑顔の口をして、「あ」ではなく、「お」の音色として発音したい、
そう思った時、先ほども書いたように、そこでやることは、
舌を少しでも奥まらせよう、とすることでした。
そうすると、力みを感じる。でもそうしないと、「あ」のように
なってしまう。さらに、その「お確かめください」と接客する
その「お」の時、とくに相手がこちらをちらっと見ると、
口が真顔に近くなり、さらに、舌を引っ込める余地が口に生まれる。
笑顔も消えそうになってしまう。

昨日、私は、前半の記事にリンクさせていただいた2つの記事を読み、
なんで、私は、「それでも、もっと笑顔を作ろうとする以外、
これ以外に、私は貫く道はない」と、仕事中ずっと思っていたかが、
よくわかったんです。

「お」の時に舌が奥まろうとするのなら、
それが嫌ならば、「もっと笑顔、もっと、「い」の口にすればいいんだ」と
思い、実際、私がやっていたこと、私の身体が必死にやっていたのは、
そういうことだったんだと、わかったんです。

「い」の唇の位置より、もっと、唇を顔に近づけるようにして、
「お」と言おうとする。

そのためには、もっと、口を横に開き、上の歯を奥のほうまで見せようと
しなければならない。それは、もっと笑顔を作るんだ、という意識として、
仕事中、私が実践し続けていたことでした。

笑顔が、奥まろうとする舌を、
「これでもか」というくらい、とことん、追いかけていくんです。
舌先を下の歯から離すまい、その思いです。

そう思った時、なんかへんなの、とは思いました。

それじゃあ、舌の位置はずっと前位置、その同じ位置にあることになって、
どうして母音の音色が変わるんだろう・・・って。
だけれど、私はその疑問は、今日、なるほど、と先ほど書いたように
あらためて理解はしましたが、その理解は、不要でした。

なぜか知らないけれど、音色は変わっているみたいだ・・・
でも、そんなことはどうでもいい。
「あ」と聞こえようが、なんだろうが、ぶっちゃけ、
全部「あ」になってもいい、私が、気持ちよく話せるのならそれでいい。

その思いは、明確でした。

私は、迷うことなく、笑顔で、すべての母音を言える、と
思ったし、実際、出来たんです。

「い」よりも、「あ」よりも、
私は、「お」の時に、口を引っ込めてみせる、それはつまり、もっと
笑顔を作ってみせる、って思えたし、やることができた。

それは、構造的にはおかしいことですよね。本当は。
「お」は口が前に出るのが、自然です。
私の理解、それは、今回たとえそれが誤解であっても、
そうやって口が前に出るから、相対的に、「お」の舌は奥に行きます。
それが「お」を作るのに、私は、まったく反対の動きで、
「お」を言うことだけに取り組んだんです。

実際には、という話をしますと、
舌の盛り上がり部分が移動していることで、
母音の音色は区別がついている、というのが正解だと思いますが、
力み、という視点でいうと、それは、舌位置の自然な(脱力のままでの)
移動のことではなく、舌根の力みによる、まさに、委縮によっての
「不随意的な奥まり症状」の問題ですので、
今回のような分析が役に立ったわけです。

先ほども書きましたが、
笑顔を作ることは、舌根の力みに対抗する精神だと
私は思うから、今日のタイトル、「反逆の笑顔」としてきました。
なんとしてでも、委縮、硬直と直結する身体記憶を起動させまい、と
私はしてきたんだと思います。

もう一点、口の構造に付け加えての話ですが、
「い」の口、というのは、舌の前後を制限するだけでなく、
「上下」の運動も制限していることがわかるでしょうか?

先ほども書きましたが、口をより広げてしまうと、
その広げることによって、唇がやや前に自然に出てきて、結果、
舌が奥まることができる余地を与えてしまいます。

仕事中、私は、舌の前後を制限した時に、
身体がまっさきにやろうとしたのは、口をわずかでも広く開けて、
それは、きっと、舌の上下の位置(私の場合は、下にしようとすることで)
「あ」ではなく「お」に近づけたかったんだと思います。
今、括弧書きで書いたところは微妙で、私は上にもしようとしていた
傾向があります。それは、本来の日本語の「お」に近づける方向です。
つまり、下方にすれば英語っぽく、上方にすれば日本語っぽく、
どちらにしても、「あ」との区別がつけられるのを感じたんだと思います。

いずれにしても、結局、それだと、それ、とは、
上下に口腔内を広げてしまうと、舌も引っ込めやすい状態を
作ってしまい、結果、舌を引っ込めてしまうことに
なってしまいました。前後の余地を作ってしまうからです。

それで、私がやはり至った結論は、
「上下の歯と歯の隙間をほとんど作らないように(ほんのわずかに)して、
舌の先がどの母音でも、下の歯に触れたまま、その笑顔のまま、話す」
というものになりましたし、それを、私はずっとやろうとしていました。

もちろん、母音だけでなく子音もあるのが現実ですが、
その場合は、下の歯に触れたまま、と書きましたが、
それを「前歯(上下の歯)に触れたまま」と、置き換えれば、
同じことができます。むしろ、子音に関していえば、
口を開いて言うほうが難しいケースが多いと思います。
「s」などはとくにそうですね。

ですので、子音は問題はありません。

前に書いた「T(てぃー)」という発音も、最初に上の歯の裏に
あててある舌の先が、下の歯の裏にぽとんと落ちるだけです。
「い」の口であればあるほど、前後の余地はないので、
よりやりやすくなります。口が開いていると、下にぽとんと落とせば
いいものを、斜め後ろ下に落としてしまうんです。力みによって。

また、笑顔は、少し前の記事「AC人格について」や
「もっといい方法!」の中でも、空気漏れを防ぐ、鍵盤ハーモニカ
でいえば、「唾液抜き」の栓の役割をしていることも書きました。

この記事の最後にリンクしてあります私の二つの記事
「(前半)明るい声」と「(後半)明るい声」も今回の記事への
一連の記事として読んでいただければと思います。

私にとって、この一連の作業は、
一つのしめくくりとして、とても大事な作業となりました。

笑顔でいようとすることは、
私が、力みのない状態をどこまでも維持しようとする強い思いでした。


◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.18
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-18 20:29 | 愛美通信☆メトロノート

氏家麻衣さんの歌を聴きに行きます-自我復元後日記[356]

今日は、どぉ~しても、氏家麻衣さんの生の歌声が聴きたくて、
これから、代官山NOMADさんで行われるライブに行ってきます☆

一曲でもいいから、聴きたい。

すごく、好きなんですね~!

明日は、珍しくブログ内容の告知ですが、
「反逆の笑顔」というタイトルで、
昨日から今日、私が、寝ている時も夢でもずーーーと考え続け、
また、朝晩、仕事中、帰り道、寝起き、トイレの中でも
実践と考察を繰り返した発声の試みについて、書きたいと思います。

笑顔って、すごいなぁって思いました。

笑顔っていうと、いっけん、優しいイメージとして
漠然としたものがあるかもしれないんですけれども、
笑顔ほど、反逆の精神の塊は無いな、と思いました。

ちょっとだけ、予告ですが、
「お」の発音、というのは、とても難しい。

難しい、というのは、今まで委縮、硬直してきた人間にとって、
最も、その力みを抜いていくことが、とっても難しいと思いました。

昨日の仕事中も、7時間やって、
最後の、お二人のお客さん、その2度、
「お」を堂々と言えた、と思えましたが、そのくらい、
とっても難しかったんです。

それで、家に帰ってからも、寝ても起きても、
ずっと研究していて、結論から言えば、

「力みやすい、お、こそ、堂々、思いっきり口を横に広げて
上の歯をすべて見せるように、最高の笑顔を作ること」

これをやろう、そう、昨日仕事中もし続けて、
最後、納得のいく笑顔で「お」が言えました。

それが、どういうからくりだったのかが、
私の感覚と考察ではありますが、わかってきたので、
それについて、明日は書いてみたい、そう思っています。

今日は髪を切ろう、と思っていたのですが、
ゆっくり今日はライブを楽しんできますね!

今日は、朝倉さやさんも山形でスペシャルコンサートツアー、
ワンマンコンサートの本番ですね。
埼玉、東京から、大成功の一日になることを、
心から応援しております!

そのツアーのお名前も、
「歌で日本ば、幸せに致し候。」

私もね、そうしますよ。

「レジで日本ば、幸せに致し候。」

本気で思っております。

では、楽しい休日を過ごしたいと思います。
行ってきまーす(^^)



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.17
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-17 15:17 | 愛美通信☆メトロノート

朝倉さやさんのインストアライブに行ってきました-自我復元後日記[355]

昨日は炎天下の中、コーチャンフォー若葉台店での
朝倉さやさんのインストアライブに行ってきました!

一緒に笑顔をしてくれての、
とっても嬉しいツーショットです(^^☆^^)

d0331270_13153313.jpg


「私個人のブログに写真をのせての大丈夫ですか?」って尋ねたら、
「はい!」って明るい笑顔と声で言ってくれてました。
とっても優しい人だなあって、昨日は一日、朝倉さやさんのことを思いました。

大好きな花笠音頭も歌ってくださって、
よかった今日来て~!って思ったりして、
そんな思いも伝えることもできて、すると、
「んだ!」ってキラキラした声で言ってくれて、
そう言ってくれると、心で会話できたなあって感じて嬉しかったなぁ。

物販もあって、今月発売されたばかりのCD、
それから、ピンク色の「こっちゃ、こい」鏡も買いました。

d0331270_13561727.jpg


鏡を開いた内側に、サインもしてもらいました。

ライブの間、私は、最前列でずーーーーと、
さやさんの「口」ばかり見ていたんですが、
私も自分の笑顔がいつも見られるように、と
たまたま物販になっていた「鏡」を買うことにしました。

d0331270_1414697.jpg


こんな感じで、ね。
鏡に朝倉さやさんのサインも映ってるでしょ(^^)

それから、昨日は、長くファンとして彼女の活動を支えている
一人の男性とお友だちになりました。
昨日は2回、ライブがあったんですが、その間、
一緒に食事にもお誘いくださって、たくさんお話も聴くことができました。

ひとつ、嬉しかったことがあります。

帰りも途中まで一緒に帰ったのですが、
「今日はありがとうございました。また!」と別れ際に握手をしてもらった時、
こう言ってくださったんです。

「あなたの手はあったかいなあー・・・さやちゃんの手みたいだなあ~(笑)」

よく聞こえなかったのですが、私はそう聞こえました。
そして、なんだか恥ずかしそうに笑い、私の身体をポンポンとたたいて、
また会いましょう、って言ってくれたんです。

以前、レジで仕事をしている時も、
一人の女性の方から、そういえば、こう言われたことあったなあって
思い出し、それもまた、あらためて嬉しく感じました。

釣り銭をお渡して、
手が触れ合った時だったと思います。

「あなたの手はあったかいねぇ。女の人の手みたい。
あなた、自分が女に生まれればよかったって思ったでしょ!」

ちょっとドキっとしましたね、あの時は(笑)

男の人の手って、骨太なんですよね。

私は筋肉質ではあるのですが、骨や関節が細いので、
手や指は、女の人の手や指みたいなんです。
そういう自分の手が、私は好きなんですけれども。

だから、女性と握手をするととっても自然な感じがするんですが、
男性と握手をすると、骨太だし、大きいしで
どう力を入れていいのかわからないんです、いつも。
そんな風に感じながらも、昨日の握手はとても嬉しかったです!

手があったかいって、なんかいいなあ。
また、誰かにそう思ってもらえるのもいいです。
レジでもそうですが、笑顔の口元とそこから生まれる声、
そして、手や指のしぐさ、私が大切にしているものです。
相手との会話は、私にとっては、それが命だと思っています。

朝倉さやさんは、とても堂々としている方でした。

それに気づいたのは、
昨日、私自身が、レジの仕事がした時でした。

私自身が、とても堂々と声を出していました。
それで気づいたんです。
彼女がとても堂々として、歌い、生きていることに。

その姿が、私に強く共感したんだと思います。

そして、今、思いました。

「私にとって、笑顔って、堂々とすることだな」

って。

思いがけず、昨日は、手のことにも関心が向き、
今、あらためて、ツーショットの写真をA4サイズで大きくして
プリントアウトしたのを見てみると、意外なんですが、
二人の腕を見比べてしまいます。

ちょっと似てるなあって思ってるんです。

上手く言えないんですが、それがすごく、
・・・嬉しいみたい。

今日もこれから仕事だあー!

私、仕事大好き!

数百人の方と、いつも笑顔で笑い合えて、
指先まで使って、全身で会話できて、
自分が大好きな自分の声を、それこそ、毎回ライブで堂々と大きな声を出せて、
こんな素敵な仕事はありません。

一人一人の方との出会いが、
私にとって、一期一会のライブなんだぁって
強く思いながら仕事ができるというのは、
本当に幸せなことなんです。

私の心が大きな飴玉のように
感じるんです。





◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.16
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-16 15:07 | 愛美通信☆メトロノート

おはようございます!-自我復元後日記[354]

昨日はお昼寝も十分したこともあって、
今日は無理なく早起きです。

写真は撮っていないのですが、
昨日の揚げ出し豆腐は、とっても美味しかったです。

「揚げたてはさぞ美味しかろう・・・」と思っていた通り、
すごく美味しい!北海道産のこめ油を使っているんですが、
油も美味しいのかな、美味しいんです。

油を味わう、みたいなところがあるので、
油はお気に入りのものを使うといいかもしれません。
だって、油がなければ、湯豆腐、ですもんね。

そこに素揚げした甘長唐辛子をのせて、
作ったつゆをかけます。
私は、家に料理酒とかみりんがないので、
いつも、お醤油にお砂糖、少しの水を入れて煮詰めたものを
かけつゆにしています。とろっとするくらいまで煮込んで使います。

アツアツですよ~。

カリッとして、とっても美味しかったです。

揚げ出し豆腐のレシピは、白ごはん.comさんのサイトを
参考にさせていただきました。
暑い夏に、ぜひ!、アツアツの揚げ出し豆腐、
30分もかからないので、おすすめです(^^/

それとね!

レシピでもなんでもないんですけど、
私、きつねうどんの「きつね揚げ」が好きなんです。

これを、白いご飯の上にかけて、
少しお醤油をたらして食べる。

最高に美味しんです!
大好き。卵かけご飯に、きつね揚げをのせたりしても、
この暑い夏、食がすすみますよ。

愛美のきつね揚げごはんでした♪

きつね揚げはスーパーでも売っているんですが、
油揚げで作れるんですね。さっき、知りました。

で、油揚げはどうやって作るのか?を調べたら、
なんと、揚げ出し豆腐の作り方にとっても似ていて、朝から驚きとうれしさ!

自家製きつね揚げを、次回は作ってみまーす☆

楽しみだ、楽しみだ~(^o^)


・・・ご飯の話になってしまいましたが、

今日は、早く起きたのも、

これから、

朝倉さやさんのインストアライブに行ってきます!


楽しみにしていたんだー。


ぺんたさんの時もそうなんだけど、
私、ツーショット写真をとってもらうのが好きなので、
今日も一緒に写真、とっていただこうと思っています。


どんなポーズがいいかしら・・・


リクエストできるのかな。

できるのなら、やっぱり、指で口角をぐっとあげて、
二人で笑っている笑顔ツーショットがいいかな(^^☆^^)


ということで、


昨晩、少しだけ残しておいた揚げ出し豆腐を食べて、
今日も元気に出かけてきます。

行ってきまーす!



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.15
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-15 09:08 | 愛美通信☆メトロノート

今夜は揚げ出し豆腐です!-自我復元後日記[353]

さっき、アイスを買いに出かけたんですけど、
夜風が気持ちよかったです。

涙そうそうを歌いながら。

素敵な歌ですね。

それに、歌いやすいんです。

私は、自分が好きな歌って、
いつもそうなんですけれど、
Aメロがすごく好きなんです。

それで、Aメロを、わりと高めの音で歌いたいんですね。
Aメロは、たいてい、歌の最初なので、
サビの部分になると、高すぎてきつくなることが多いんです。

だけれど、The Roseもそうでしたが、
涙そうそうも、音域が広くないので、サビの部分になっても
歌いやすいので、とっても楽なんです。

Aメロもサビも、笑顔で気持ちよく歌えます。
上の歯を可能な限り、奥の歯のほうまで見せるように、
その笑顔で歌うと、息は綺麗に声に変わってくれます。

そう、今日は、黒助でプープーってやりながら、
キウイも一緒に布団でコロコロしていたら、
とっても眠たくなって、2時間半、たっぷりお昼寝をしました。

気持ちよかった。

鍵盤ハーモニカを胸にのせながら、
寝っ転がって、何を弾くでもなく、音を鳴らしていると、
胸にその振動が伝わってくるのですが、
その振動が、私は大好きです。

手は、もちろん、振動を敏感に感じるので、
普段、手に持って鍵盤ハーモニカを弾くのも、
音を鳴らすだけで気持ちいいです。

37鍵あるので、2オクターブはとれるのですが、
真ん中の「ミ」の音くらいまでが、
手に振動がよく伝わります。
それより高音だと、振動が細かくて手に伝わりにくいので、
私は、真ん中の「ミ」より低音でプップッするのが好きなのですが、
振動も感じながら高い音も聴きたい時は、オクターブで鳴らせばよいことに
気づき、両手を使って、寝転がりながら、
プー、プーってやってました(^。^)

打身もそうでしたね。
弦を触れるのが、私は大好きです。
打身の場合は、あの圧を感じるのが、なんとも言えず、
気持ちよくて、好きです。

そうそう、それと、
「いつも何度でも」も、歌いやすいです。
たぶん、これも音域の幅はそれほど大きくないのかもしれません。


・・・歌の話になってしまいましたが、

これから、揚げ出し豆腐を作りたいと思います!

調べてみたら、上手くできるかどうか別に、
作り方はそれほど難しくなさそうです。

甘長とうがらしも、まだ残っているので、
付け合わせにしてみます。

揚げ出し豆腐、自分で作りたかったので、
今夜のご飯は、とっても楽しみです(^^☆


いただきまーす♪



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.14
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
# by jh-no-no | 2017-07-14 23:06 | 愛美通信☆メトロノート