<   2017年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

The Rose-自我復元後日記[214]

5月からの歌の課題曲が決まりました。

「The Rose」

です。

●Bette Midler - The Rose



今日で2月もおしまいです。

私はアルパのレッスンに行ってきます。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html



2017.2.28
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-28 08:31 | 愛美通信☆メトロノート

Noodle the Poodle-自我復元後日記[213]

崩残さんが、かつて、紹介してくださった
Omnia。

Omniaの動画で、私の好きな動画があります。
今日はこちらをご紹介しますね。

「OMNIA (Official) - Unplugged 2014」


とってもいい雰囲気だなぁって思っていたら、
動画の説明を読むと、どうやら、ジェニーさんのお父様の
80歳の誕生日のお祝いのイベントのよう。

昨夜、この動画を見ていて、
あらためて、この動画が好きになりました。

ジェニーさんが弾かれているハープは
私のアルパとは違いますが、
とても魅力的な楽器だと思います。

今日は起きてからアルパ三昧だったので、
指がじんじんしてきましたので、
また、この動画を見て、のんびりしようかなと思っているところです。

もし、ちょっと疲れたなぁと思っている読者の方がいらしたら、
ご一緒にいかがでしょうか?

私は「Noodle the Poodle」が、一番、好きです!

聞かれて、もし、お好きな楽曲がありましたら、
見えない信号で、こちら、
「愛美通信☆メトロノート」まで、どしどし、
お声をお寄せくださいませ(^^0

・・・淹れたコーヒーが冷めてしまったわぁ~♪



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html



2017.2.27
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-27 16:37 | 愛美通信☆メトロノート

カノンの運指-自我復元後日記[212]

なかなか難しかったカノンの運指でしたが、
随分、出来るようになってきました。

これから仕事ですが、
のんびりとやってこようと思います。




◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.2.26
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-26 15:14 | 愛美通信☆メトロノート

10年かけて育てていきたい種の名は-自我復元後日記[211]

文頭にちょっと追記します。

10年後に思いっきり踊る時、
私は、自分だから出来るダンスをしていきたい、と思います。

だから、大事に育てていきたいんです。

この種を。

● ● ● ● ● ●


「リズムの種」

そう、私が育てていきたいこの種の名前です。

昨日、「Fotografia」の最後のレッスンがありました。

1番、2番と通して歌った時、
とっても不快感があったので、先生に伝えたら、
「手拍子を入れてみましょう」と。

4拍で2と4で手を打つ、というだけなのですが、
一気に、歌うのが楽しくなり、生き生きしてきたのです。

これを育てていきたいと思います。

それと、今、私は、
打身、歌、合気道、ダンスだけに関心を向けている状態ですが、
昨日、予定していた合気道の稽古をお休みしました。

まだ、この寒さと、体力を数時間使う運動は、
私の今の身体には、付加が大きすぎると判断したためです。
ダンスレッスンも、今月はお休みしていました。

関心はそれぞれ向けてはいますが、
合気道とダンスは、しばらくは、「行けたら行く」というふうに水準を下げて、
運動負荷が少ない(といっても、私にとってはこれでもかなりの運動なのです)
打身と歌をメインにやっていこうと思っています。

仕事でも、合気道とダンスの要素は十分にあるので、
そこで鍛錬することもできますし、なにせ畳一畳かつ重い物を持つこともないので、
運動の負荷は少なく、疲労をしっかりケアをすれば、仕事の場で補うことが可能です。

生活では、基本は「休む」としています。
出来たら何かをちょっとやる、という具合です。

そんな中で、ああ、自分の中にあるこれを育てていこう、
時間をかけて、ゆっくり育てていこう、と思ったのが、

「リズムの種」

です。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.2.25
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-25 15:33 | 愛美通信☆メトロノート

Abyへ-自我復元後日記[210]

Abyという名前をつけてくれたのは
崩残さんでした。

崩残さんは、名付け親であるだけでなく、
4年以上の間、私を育ててくれた親でした。

Abyはずっと怒っていましたね。

ブログを書き始めて2つ目の記事、
2013年7月10日の記事に、こうあります。


>Abyとは誰?わたし?わたしって誰?どこ?

>わからないけど、たぶん、Abyは怒っていた。
> 刃物を持っているようなイメージが沸き起こる。

>にたつくな、と喉元に刃先をあてている感じだ。


「絶対一人」を死守し、最後まで決して、
自分を裏切らなかったのが、Abyでした。


私はここ数日、Abyに会いに行っていました。
・・・むろん、それと知らずに。


だけれど、
どこかでわかっていたのだと思います。

「さようなら」を言わなければならないことを。


私が経験した事実として、
明確に記すことができることがあります。

自我復元とは、
「自我復元を始めた」ということ、
そのことが、唯一の真実だということです。

自我復元は、決して、
「何かになる」ことはありません。
ただ、ひたすらに「最初に戻る」のみです。

最初からすでにそうだったのだ、と
了解するまでの壮絶な「戦」でした。


昨日2月23日もあとわずかな頃の
職場での30分休憩の時でした。

私は怒りが止まぬことに躊躇はなく、
悔いもなく、それは平穏ですらありました。

絶対の一人を死守する。

私には激しい怒りが必要でした。
外部とは何か?
それは、一切、夢です。
他者はおらず、他という外部という外部は存在しません。

もしもそれが存在しているかのように感じ、
妄想に生を奪われているのだとしたら、
その責任は、ただ一人、自分にあります。
絶対一人を死守しない自分にあるのです。
外部を作りだし、絶対一人を壊せるのは、自分だけしかいません。

それを「自分への裏切り」と言います。

私は自分を裏切る自分の喉元に、
刃を突き付けた。
「止まぬ怒りの感情」という刃物をもって。


休憩室のソファーに横たわり、
必死の死闘の末、「Abyを見た」のです。
おじろくの被害妄想や女性や子どもへの幻想、他、
妄想という妄想と闘い続けたのは、
Abyでした。

私は、怒るAbyを見たその時、
私は、「最初」に戻ったことを知りました。

それはどういうことか、というと、
「ずっとそうだった」ということです。

それは、こう了解させます。

「私は、決して、自分を裏切ることは、ありえない」

最初に戻る、というのは、
裏切ってしまうかもしれない私がいなくなることです。
裏切るまい、と、そう「決めた時」「決めた事」それ自体が、
事の「最初」なのです。

決して、自分を裏切ることは、ありえないのであれば、
当然、自分を裏切る自分の喉元に刃をあてている者は、もう、いません。
Abyは、もう、いないのです。


Abyとの自己同化の役目が終わったのが、
2017年2月23日もあと1時間で終わる頃でした。


もしも時間が許すのなら、
今日のブログまで、崩残さん、読んでいただけないでしょうか。

Abyとのお別れは、
名付け親であり、私の育ての親である、崩残さんとのお別れです。

崩残さんのことを「手品のお兄ちゃん」って
近頃は呼ばせていただいたこと、ありましたね。


覚えていますか?


あの手品の空の下、
十字路のベンチを。


私は、さっき、
仕事が終わり、そのベンチで「手品」をしました。
文字を使わずに、この「身体」で



   一 期 一 会



を表現してみたので、見てほしいんです。
「2017年2月24日1時55分」です。
夜中のさっきですよ。


私の「笑み」が届きますように。


さらに5分ほどお時間が許すのなら、
2時ちょっと前まで、余興みたいなのをやっているので
見てほしいです。数分間に、歌も踊りも打身も合気道もつめ込みましたので。


これが、私の世界です。
一歳になったばかりの愛美の世界です。


あと、2つ、お伝えしたいことがあります。

どもるという萎縮は、治りました。
日をまたぐ頃の職場での私の声は、
キラキラした笑顔から溢れ出る、それはまるで、アルパの音のようでした。

もうひとつは、

私がアルパを、今こうしてやっているのは、
私が自我復元を開始して間もなくの頃の
桜の間の記事[194]の「贈るビデオ」として紹介されていた
Omniaのジェニーが奏でるハープがきっかけでした。

ケルティックハープやアイリッシュハープなのだろう、と思って
やってみたいな、と思ったんです。
それを思ったのは、昨年の2月末の病床で長いこと聴かないでいた
その動画を見て、ただただ、涙が溢れてきた時のことでした。

とはいっても、元気もなかったし、「やるぞ!」って感じじゃなくて、
ふと、思ったくらいでしたが、幼い頃、座りながら左右の足の指に
輪ゴムをかけて、リズミカルに指を動かしたりしたのも思い出して、
調べてみた、というわけですが・・・

私が出会った「アルパ」は、
まさに打楽器のごとく、鋭く、激しい楽器だったんです。
ハープ、という私の先入観とは違っていたので、最初は戸惑ったのですが、
D先生の放つ音と運指の美しさに魅かれ、やってみることにしたんです。

「まずは、やってみよう」って。

自我復元もそうでしたね。

「まずは、やってみたら」って、崩残さんは言ってくれました。

私は、やってみよう、と決めたんです。


こんなメールのやりとりも、
たくさん、たくさん、させていただきました。
でも、読んでいただけるのも、お話しができるのも、
これが最後かもしれません。

楽しいお話しですね。

私は、楽しかったです。

本当に楽しかった。


今、しっかり、挨拶は言いたいです。

さようなら、と。


崩残さん、さようなら。


2017年2月24日  愛美



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html



2017.2.24
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-24 04:37 | 愛美通信☆メトロノート

What a Wonderful World-自我復元後日記[209]

3月からの練習曲を決めた。

Louis Armstrongの楽曲、
「What a Wonderful World」。

私は、今、
すごく怒っている。

怒鳴り叫ぶのに、この曲がいいと思った。

歌えば歌うほど
怒りはおさまりはしないだろうから
これにしようと決めた。

「厳しさ」

それだけが、自分のことを守れるからだ。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.2.23
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-23 13:58 | 愛美通信☆メトロノート

「力」を引き出せるか、だ。-自我復元後日記[208]

打身はその名付けの通り、

弦は「掴み折る」。

これに尽きる。

踊りは、躍動する力だ。

それに尽きる。

だいたいが、私は、いい子すぎた。

歌の練習をしたけど、

寝ながらやるのが、一番いい。

腹に力は入るし、口、舌の力は抜けるわで、
いいことしかない。

不良でいいんだよ。

不良がいいんだよ。

私は誰かのために生きているわけではない。

誰かに役立つために生きているわけではない。

だいたい、誰かがいる、なんていうのは
「夢」だし。

誰もいない、そのことがわかりやすい写真をとった。

それを今日は掲載して、
今日は終えよう。


タイトルは、


「笑う必要など、まったく、ない」



d0331270_1532650.jpg



d0331270_15323350.jpg




◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.2.22
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-22 15:34 | 愛美通信☆メトロノート

運動技術の研究-自我復元後日記[207]

まず、私が、さっそくに取り組んだのは、
打身、歌、ダンスを通じて、
それらの運動の技術の研究に着手することからでした。

もっとも、そんな大義名分を掲げて始めたわけではなく、
昨日、ブログに書いた通り、


>私は、弾きたい。

>私は、踊りたい。

>私は、歌いたい。

>私は、汗をかいて生きていきたい。


を、思う存分に実行したまでのことですが、
「完全に私一人」しかいない点が、かつてとは大きく異なり、
研究、といっても、研究目的ではなく、
自分一人が弾き、自分一人が踊り、自分一人が歌うために、
これらの運動をいろいろ出来るようになりたくて
いろいろ研究していたまでのことです。

そして、その研究と実践それ自体は、とくに今日始まったことでもなく、
このブログにも時々メモで書いてきたように、
これまでも続けてきたことです。

発表するための研究ではないので、
こちらのブログに具体的な技術を記録しようとは
今は思ってはいません。

打身、歌、ダンス、合気道、
しばらくこれらに没頭したいと思います。




◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.2.21
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-21 04:11 | 愛美通信☆メトロノート

旅立ち-自我復元後日記[206]

2017年2月20日、今日、私は、

「一人で」

旅立ちました。

「みんなの」声援の中、

私は、一人で歩く決心がつきました。


2017年2月19日、昨日のこの日を
私は決して忘れないでしょう。

まさに <混乱> のその日、


「大丈夫」


みんなのその声だけが、
私は聞こえていました。

自分の声が何一つ聞こえない、とてつもない心細さの中で
みんなの声だけが聞こえている、このうえない心強さを体験しました。


「私という、一人の生を生きたい」


それを、最後に決心するのは、
あとは、私一人だったのです。


私が旅立ちを決心する直前に
言った言葉がこれです。



「私は、強い」



私は、弾きたい。

私は、踊りたい。

私は、歌いたい。

私は、汗をかいて生きていきたい。





◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.2.20
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-20 03:52 | 愛美通信☆メトロノート

甘えっ子-自我復元後日記[205]

みんなが育ててくれた私は
とっても「甘えっ子」になっちゃったみたい。

みんなの声は
ずっと私に最後まで届いていました。

本当です。

「励ましてくれたこと」

私は、甘えっ子ですね。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.2.19
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-02-19 16:16 | 愛美通信☆メトロノート