優しい時代に生まれて-自我復元後日記[345]

レジの仕事、とりわけ、食品レジの仕事というのは、
本当に素敵な仕事なんです。

いつも仕事が終わり、疲れて地元の駅に着き、
深夜までやっている私のスーパーに入って、
今日食べるものを買い、レジに持ってきて、
お客さんは、ほとんどしゃべらず、少しの相づちと少しの返事をして、
毎日、買い物をして、家に帰る。

スーパーというのは、レジの仕事をしていると
とてもよくわかるんですが、地元、それも、お店のそばに住んでいる方に
支えられて成り立っています。もちろん、お互いさまで、お客さんの食生活も、
私のスーパーがあって、成り立っています。
だから、よく思うのは、本当に顔なじみなんですね。
でも、しゃべらないんですよ。めったに、お互い。

大人になると、毎日のように、毎日とは言わなくても、
数日に必ず一回は会う知人、というのは、ほとんどいなくなります。
会社の同僚などを除けば、ほとんどいなくなるんです。

そういうなかで、毎日、あるいは、2日にいっぺんは会えて、
食べる、というとても個人的な内容を共有することを了解し、
お金という大切なものを手から手へと、渡し合います。

そんな会話がない日々の中でも、
私への励ましのお便りのように、沈黙を破る時があります。

先日も、夜10時半の休憩の時、
私は半額になったパイナップルを買って、
お買い物を入れたりする台のところに行くと、

「あ、私も!・・・半額」

って、半額のカットパインを持ちあげて、
笑って見せてくれました。

「半額、よかったですね!」

もちろん、私もうれしくてそう言ったわけですが、
それだけで、私たちは、すべて、わかるほどに、
毎日を共有しているんです。

半額になるには、30分くらい値引き時間が早かったんです。
売れ残り具合によるわけですが、それでも、30%引きが妥当かな、
ということを、そのお客さんも知っているんですよ。
だから、半額のパインを買えたうれしい気持ち、その物語が、
レジから離れた私に、思わず、言葉が漏れたのでしょうね。

昨日も、こんなことがありました。

若い女性の方が、スマホで何やら話しながら
レジに来ます。レジの会計の初めから終わりまで、
スマホで話をしている方は、今、とても多いですね。

その中で、私ができるのは、
少し声を小さくするとともに、
その人が話せない分、少しですが、どうしてほしいか、
可能な限り、配慮し、手伝います。

昨日は、ちょっと、ずるいんですけどね(笑)、
何やら、恋の話かなんだか、ちょっとつらそうなんですね、話の内容が。
それで、私は、お箸をどうぞ、って、手でその位置を、普段よりやや丁寧に
目で見てわかるように、差したんです。

「えっ!」

その方は、カゴの上に乗せられた買い物のビニール袋を
咄嗟にどけて、「ああ」って言って、お箸をとりました。

かんぴょう巻きだったかな、お寿司がワンパックあったんですが、
私にはよくわかったんです。自分が何を買ったかも、結構、
多くの方、覚えていないんです。とくに、その方のそのような気持ちの時は。

「・・・スプーンは、よかったかな?」

と、今度は私がビニール袋をどけてみて、
ヨーグルトやプリンなどがなかったを、確認したんです。

会話どころか、うんもすんもない、相づちも返事すらもない
こういうパターンのレジ会計の時間のはずが、

「優しい」

って、彼女は、ほっとした顔で言いました。

だから、ちょっと、私が恋敵だったらずるいんですが、
そういう中でないので、ずるくてもよくてね、
そういう優しさが必要な時は、誰にでもあると思います。

それで、その一言で、
また数年、笑って生きていけるんです。

そして、私が書きたいのは、
その一言、そのやりとり、パインもそうです、
喜びを口にしたその瞬間、それこそが、
私たちの、本当は、過ごしている日常なんです。

今の時代は、人間味を失っている時代だと、
今の時代の人は思うかもしれない。

レジの仕事もオートマティックにどんどんなって、
自販機のようになってしまったと、
今の時代の人は嘆いているかもしれない。

私は、

これほどに優しい時代はない、と思っています。
こんなにも、みんなが心に優しさの種を大事に守ろうとした時代を、
後世、私たちは誇りに思う日が来ると思います。

失ってしまいそうだから、
何としてでも残そう、これだけは死守しよう、
私は、それは、「優しさ」だったと思うんです。
いえ、それは現在進行形で、「優しさ」だと思うんです。

自我復元は、私にとって、
「優しさ」そのものでしたし、今もそれは、
「優しさの結晶」として私の目に映ります。

2013年7月6日、
4年前の今日、私のブログは書き始めましたが、
その前から、その後から、幾つもの
自我復元ブログが生まれました。

そのどれもが、優しさそのものでした。

ご紹介するのは、私のその日のブログになってしまうのですが、
同じ月日の今日、もしよかったら、今の読者の方も、
また、以前読まれた方も、もう一度、
そこにある優しさを感じていただけたら嬉しいです。

こちらがその記事になります。

http://mmjhb11.exblog.jp/19220845/



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


◆初めてこのブログを読んでくださった方へ◆

私のこのブログの過去の記事のなかに
こんな記事もありますので、よかったらご覧ください。
長めの記事ですが、私が一番読んでほしい記事です。
私の特技は、ぬいぐるみとお話しができること、です。

1.「(前半)明るい声-自我復元後日記[338]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673881/
2.「(後半)明るい声-自我復元後日記[339]」
http://mmjhb11.exblog.jp/24673914/



2017.7.06
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-07-06 16:00 | 愛美通信☆メトロノート


<< 七夕-自我復元後日記[346] 今日も笑って生きていくぞ!-自... >>