今日も葛きり、食べるぞ!-自我復元後日記[337]

昨日は、また、ご飯を炊きました!
白いご飯って、ほんとに美味しいですね。
なら漬けと一緒に、美味しい、美味しいって、食べました。

久々にパンも食べました。
パンも、ほんとに美味しいんですよ。
職場のソファーに座って、食べながら美味しい、美味しいって言ってました。

お米も発注しようと思って、
昨日、注文しました。
それから、久々に、マーラーカオを作りたいと思って、
薄力粉も一緒に。

おなか、元気になるといいな。

食べるの、ほんとに大好きなので。

でも、皮肉ですね。

健康な時は、考えてみれば、
これほど食べるのが好きだと思ったことがなくて、
食べられなくなって、なんとか食べられるのを、と思って、
工夫して工夫して、私は、食べるのが好きになってきたんです。

可愛いなあって思うのはね、
どんなに憎らしい人も、ほんとは美味しい美味しいって、
ご飯とかお菓子とか食べているんですよね。
食べるって、ほんとは・・・なんだか、神秘的です。

こんなにみんなと共通していることって
あるんだろうか?と思います。

もしも「食べる」ということが無い世界に行った時、
たまたまそこで、「食べる」ということを知っている人に出会ったら、
「仲間」に出会った、と思うでしょうね。

それは極端な話かもしれませんが、でも、
私は食品レジの仕事をしていて、よく、思うんです。
いろいろなものを、みんな、買います。
でも、それを「食べる」のは、みんな同じなんです。

だから、どこに私たちの違いがあるのか、
正直、わからなくなります。
小さな違いはありますが、食べることよりそれは大きいか?というと、
だって、お肉を食べようが、お魚を食べようが、果物を食べようが、
さらには、デカフェだろうが、甘さ控えめだろうが、
その差は、食べることに比べたら、小さな差異でしかありません。

考え方の違いなどもありますが、
そういう違いは、何を食べようか、の違いくらいで、
「食べる」ことは、みんなしようとします。

排泄みたいなものです。

排泄が出すものだとすれば、
食事は取り入れるものです。
入り口と出口の違いはあれど、たいへん原始的な行為です。

みんな、もしもうんちをするところを見られて、
どんなうんちかをみんなが見合う、というと、
いやー!って思うかもしれませんが、
スーパーのかごに食品を入れて、レジで「これ」と見せるのと、
私は、変わらないように思います。

だから、みんなも感じたことはあるとは思います。
買い物中、思いがけず、知り合いにあったりすると、
何を買ったか、思わず、隠そうとします。
ちょっと恥ずかしいのは、本質的には、
それがどんなうんちになるのかを、見られちゃうようなものだからです。
もちろん、広告の品とか値引き商品とかを買って、恥ずかしい、というのも
あるでしょうが、それよりも、「何を食べるのか」を、
まるでトイレを覗かれるように感じるから、恥ずかしいのだと思います。

でも、私はこういうこと全部ひっくるめて、
人の可愛らしさだと感じていて、
そんな可愛らしい姿をさらして、さらしていると思っていないところが
また可愛かったりして、そういう仕事をしていて、
私は毎日楽しいです。

いずれにしても、

おうちに帰って、その人が、
「美味しい」って食べているのなら、
それでいいんです。

さて、葛きり、ゆでなきゃ!


◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.6.29
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-06-29 15:33 | 愛美通信☆メトロノート


<< (前半)明るい声-自我復元後日... キウイは私の子-自我復元後日記... >>