素朴なあんみつの朝から-自我復元後日記[334]

今朝は、素朴なあんみつの朝からスタートしました。

d0331270_1854958.jpg


黒蜜とあんこのあんみつに、豆乳を入れたコーヒーです。

夏らしいメニューでしょ。

食べ終えたら、またお布団にくるまって・・・気持ちいい。

私の長い休日のイメージは、
お布団のなかで、鍵盤ハーモニカを「ブゥー」ってすること。
弾く、んじゃなくて、ブゥーってするだけね。

そんな私の遊び道具に、と
うちに来てくれた黒助。

早速、手が伸びて、
すごく、遊んじゃいました。

マングースの着ぐるみをきたのだめちゃんのチューニング、といえば、
そう、「ラプソディー・イン・ブルー」。
東京メロディカオーケストラさんの奏でるこの曲の動画を見て、
楽しくなっちゃって、弾けなくとも「プッ、プッー♪」ってやってました。

最初の出だしと、最後のジャンの和音だけは
合わせたりして。

あとは、4人がちゃんと弾いてくれていますので、
私1人がプップやってても、ミスタッチ程度のことですから(笑)

大人に混じって自分も参加しているつもりの楽しそうな子どもの私。
おみそ、という、あの懐かしい、幸せな立ち位置です。

素敵なタペストリー、その室内演奏風景は、
お祭り気分で興奮していた私には、もう、


「異世界」


でしたね。異国ではなくて、異世界、異星に
私には映りました。

私、もしかしたら、
次の星を見学しているのかしら(^^☆
ほんと、そう思うくらい、鍵盤ハーモニカの世界は
見たことのない世界でした。

私、昨日も仕事中、7時間ずっとですよ、
ああ、コツは、「ピアニッシモ」だなぁとか思いながら、
いらっしゃいませ♪って言っていたんですけど、
息の世界なんです。息の世界。一人、息の世界に没入。

あまりにピアニッシモなので、
お客さんのほうが、私に耳を傾けてくれて、私を見てくれたりして・・・
楽しい。

鍵盤ハーモニカの奏でる世界を聞いていると、
息という、私にとって新しい生命が生まれ、戯れていて、
・・・つまり、知らない世界なんですよ。
うん、でも、今それと同時に、仕事でも、その世界を私、
今、楽しみ始めているんですよね。

私、今日、起きてあんみつ食べて、コロコロして、思ったんです。
私は、お布団を手で触っているだけで、とても心地がいいんです。
なでるように、いろいろなものに触れるのが、私は好きです。

そっとなでるように、私は生活の中でも、
生きていきたいと思います。

生きるというのは、
生活のなかの、日常一つ一つを、丁寧に、大事に味わうことだと
私は思っています。

ゆったり、優しく、丁寧に、そっと、
ゆっくりと、それが、
私の好きな生活の仕方です。


「そんなことしてたら、朝になっちゃうよ」


そんなふうにして迎える朝は、
どんなに素敵な朝でしょう。

編みかけのセーターが
編みかけのまま、次の朝が来る。
そしてまた、編みかけのまま、朝がやってくるんです。


朝が素敵な世界を
私は生きていきたい。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.6.26
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-06-26 19:16 | 愛美通信☆メトロノート


<< 夜食-自我復元後日記[335] 仕事中の発声で取り組んだこと-... >>