殺させない勇気-自我復元後日記[323]

殺さない勇気は、

同時に、

殺させない勇気でもある。

殺意は、私を殺せない。

なぜか。

私は、あなたの「助け」を必要としているから。

いかなる殺意をもってしても、

私があなたを殺せなかったのは、

あなたもまた、

私に「助け」を求めていたから。


助けに対して、

殺意は、

それを殺せない。


殺意が殺せるのは、

殺意に対して、のみ、であり、

その争いは、

さらなる殺意を生む。


自我復元で経験したこと主観を
誰かに説明することは、
ひどく困難に思える。

だけれど、事実を伝えること、
また、実際、必要な情報提供は、
わずかだ。

重度の身体的虐待を受けたこと。

内臓や筋肉に残る傷を癒すのに、
まだしばらく時間がかかること。

そして、

「あなたの助けが必要なこと」

この3つが、私が自分を説明するのに、
必要な情報になる。


AC人格を殺すことは出来ない。


なぜなら、

殺意を殺すことは出来ないからだ。

殺意への殺意は、

終わらない連鎖を生む。

これが、現実、

毒親の毒が世代を越えて連鎖し続けた理由だ。


AC人格とは、「殺意」のことだ。

AC人格を殺すことは出来ない。

言い換えれば、

殺意は、

殺意として、存在し続ける。

その存在を、私やあなたが、無いことにすることは出来ない。

実際に、

あなたを誰かが殺そうとしている、その思いを、
あなたが認めまいとしても、
あるものは、ある。

「私を殺すなら、殺せばいい」

と私が言うのは、そういうことだ。

それは、覚悟や勇気ではなく、
単なる殺意の事実を、そのままを、言っているに過ぎない。


しかし、


それは、


相手に殺させることを意味しない。


AC人格の解除とは、

AC人格という殺意に、

私を殺させない方法だ。


私は、誰にも、
私が経験した悲劇を経験してほしくない。


悲劇とは、殺戮のことだ。


私はあなたを殺さないが、
あなたにも私を殺させない。


そこに必要な勇気は、

殺意に対して、

面と向かって、

こう、言うことだ。


「あなたの助けが必要だ」


と。


なぜなら、


私には、


休息が、


本当に安らげる休憩所が必要だからだ。


そよ風よりも弱くいられないのなら、


そこは、


とても不安な場所だ。



・・・



6月17日、今度の土曜日は、

私の最初のアルパの発表会です。


職場のRさんに勤務の交代をお願いしました。


そして、


Pさんに、聴きにきてほしい、とお願いしました。


Rさんは、交代できる方が見つからず困っていた私を
助けてくれました。

「発表会はどこでやるんですか?」

Rさんは、私に訊いてくれました。


Pさんは、「いいよ」と言ってくれました。

そして、こう言いました。

「見たかったら・・・最後まで見ててもいいのかな?」

そう言って、彼女は笑いました。

4年ぶりに、笑ってくれたんです。


ここ数日の間、

私が経験したことを、

昨日と今日、ブログに書かせていただきました。


Rさんにも、Pさんにも、

私は決して、私と同じ思いをさせたくない。

それは、

私自身が、二度と、同じ思いをしたくないからです。


愛美は、戦士の名前でした。


今は、愛美は、

「戦うことを止めた者」の名前です。




読んでくださった方、

昨日、今日、と、なにより、今、

ちょっと、気をはってしまう内容だったかもしれません。


でも、


「ゆっくり、やりましょうね」


私もゆっくりやってますし。


全然関係ない話ですが、

私、「鍵盤ハーモニカ」をやってみたいなあ。

サカナクションさんの新宝島を
Uruさんがカバーされている動画の中で、
Uruさんが鍵盤ハーモニカを演奏されていて、
いいなって感じました。

息が音に変わっていくのが、
とてもよくわかる楽器だなあって。

これを見ると、
音を私が作っていないのがよくわかります。
鍵盤ハーモニカが音を産んでいます。

でも、

音が出る前の、

息を送る、

その人が楽しそうなんですよね。

そして、

楽しいんです。

私はこうやって、

ダンスも、アルパも、歌も、合気道も、
言葉を綴るブログもそうです、やってきました。

自我復元もそうでした。

私をいつも楽しませてくれたものでした。


今、私が、これを書きながら聴いているのは、
今井美樹さんのカバーで「PRIDE」。
歌われているのは、Uruさんです。

私は彼女の息を聴くのが好きです。


仕事をしていて、ちょっと疲れたなあと感じた時、
私は、大きく息をします。

それだけで、疲れが和らいでいきます。


音楽を聴きながらでも、そうでなくても、
大きく息をしてみてください。


いつも読んでくださって
ありがとうございます。





◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.6.15
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-06-15 13:32 | 愛美通信☆メトロノート


<< 明日、頑張ってきます-自我復元... 休憩所-自我復元後日記[322] >>