テンポ125-自我復元後日記[297]

マドリッドのバイオン、テンポ125。

本番さながらの自主練、演奏。

このテンポでやろう、やれたらいい、
そう思っている。

本番、というのは、いつもこうだろう。
すごい気迫だ。どの一音も落とさないように、目をはっきり見開く。

テンポ115くらいで、と思っていたけれど、
あと一ヶ月弱の時間で、テンポ125まであげていき、
これで演奏したい。今日のような演奏を、当日もしたい。

テンポ125。

この演奏の最中、私は感じた。

苦しいのは、本当に苦しいのは、
私の身体なんだ、と。
私が苦しんでいる、のではなく、
苦しみ、もがき、闘っているのは、私の身体だ。

今日、私は、初めて、
自分の身体と「話しを」している。

苦しんでいるのは、私の身体。
本当に苦しんでいる。
私は、目をそらさない。
そこにあるのは、勇敢さだ。
身体の勇敢さだ。

私は私を取り戻しただけじゃない。

私の友、

私の身体を取り戻すことができた。

だから、いつもブログにも書いているが、

私は、全部を、見る。

全部だ。

それは、今、起きていることだ。

昨日思ったこと。

私は、過去43年間、どの一秒も、
今、あれは無いほうがよかった、と思うものは、
何一つ、ない。

どの一秒も、その時間、その時を生きたことを、
私は後悔しない。

それは、今、つねに起き続けていることだ。


◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.5.22
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-05-22 17:27 | 愛美通信☆メトロノート


<< 「そのかわり、遊ぼうね。」-自... 「おめでとう」-自我復元後日記... >>