「行ってきます」ブログ-自我復元後日記[274]

気がつけば、私のブログはいつの間に

「行ってきます」

ブログになっているんだなぁって、今朝、思いました。

順番が逆になりましたが、

「おはようございます!」

まだ6時だい、という、めったに起きない時間ですが、
今日は、いよいよ、楽しみにしていた
ニコニコ超会議2017なので、早起きなんです。

・・・というか、

興奮して、眠れませんでした(^^;

2時間寝たら起きちゃって・・・

興奮していたのもあるんですが、
床に入りながら、自我復元のことを考えていました。

5月1日で、初回判定依頼から4年、ということで、
4月末は、自我復元のことを、よく、考えています。

あ、そうそう、

書き忘れてしまいましたが、
昨日、稽古から帰ってきて寝る前に、
ちょっとだけ、昨日のブログに追記しましたので、
ご覧ください。

そこで書きましたが、
口角炎になっちゃって、痛いのですが、
食べて痛い、だけでなく、

「笑って、痛い」

んです。

でも、思いました。

笑って、痛い。

笑っていることと、痛いことが一緒にあること。

これは、自我復元そのものだなあって。

今も私は毎日毎日、たくさん悩んで生きています。

悩んで悩んで悩んで、

痛くて、苦しくて、

でも、

「手だけは動かすことができる。手だけは握れる。」

自我復元をしている時に、
私は、自分の手が動くのを見て、
「生きている」と実感しました。

生まれて初めて、私は、生きたんだ、と。

「動く」

というのは、そういうギリギリの生のものだと
私は思います。

手が動く。

そこで、私は、選べるのです。

そこに、自由な意志の行使がある。

「笑う」

という選択です。


何も出来ないと思う時、

もうダメだ、と思う時、

身体だけは、手だけは、

顔だけは、動く。笑うことができる。


すべてが止まってしまいそうな時、

もうあきらめてしまいそうな時、

それは、

「やめさせられてしまう」時、

私は、今もですが、

いつも思いました。

私は、どれも、嫌いになることなどできない、と。

私は、ぜんぶ、好きなんです。

だから、

粘るんだ、と。

とにかく、引き分けには持ち込むんだ、と。

どんなに醜くても、私は、やめない、と。


そんな時、

私を助けてくれたのは、

私の身体でした。

私の身体が、手が、動いてくれました。

その手の動き一つ一つは、

私が思うところの、

「日常の生活の一つ一つ」です。

だから、それを大切にする。

それが、「生きる」ということ。

それから、

私は、笑おう、と思うんです。いつも。


ニコニコ超「痛い」ですが(笑)、
今日のニコニコ超会議、
行ってきますね。


このブログが、いつもこうやって、

「行ってきます」

と言う、そんなブログになってよかった。


そこには、いつも、笑顔があります。

行ってきます。


◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2017.4.29
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-04-29 07:20 | 愛美通信☆メトロノート


<< 崩残さんからの最後のメッセージ... では、行ってきます!-自我復元... >>