丁寧な生活-自我復元後日記[166]

昨日の記事は夕方に一度、追記しましたので、
そちらからご覧いただけたらと思います。

さて、今日はとても暖かくて、
窓を全開にしても気持ちいい気候だったので、
お布団を干し、掃除機をかけて、
部屋の空気の入れ替えです。

昨日の残りのずんだ団子を食べ、
大好きなコーヒーと一緒に、干したばかりのお布団の上でのキウイ。

d0331270_14354429.jpg


キウイもよく見ると、汚れてきたので
洗ってあげたいと思います。
口のまわりとか(笑)
拭き洗いになりそうですね。

キウイは私が仕事から戻ると
「遊ぼっ」って言ってくるのですが、
なにせ、時間が遅いので、ちょっと遊ぶとすぐ寝てしまうんです。キウイが。
私のはんてんの中で、即寝、ということも。

この前、何して遊ぶ?という話で、
「アルプス一万尺をやろう」ということだったんですが、
私が知らなかったので、今、調べて、二人で初体験です。
「みかんの花咲く丘」の手遊びもやってみました。
やってみたかったみたいで、私も楽しかったですよ。

今日のタイトルは「丁寧な生活」ということですが、
私は、丁寧に日常生活の一つ一つを行っていくことが好きです。
ずっと、私は好きでした。

自我復元後のこの一年で、一番思ったことは、
「ずっと私はそうだった」ということに、いつも気づかされることです。
私はずっと、丁寧に一つ一つをなしていくことが好きでした。
できない時もありましたが、その時は苦しかったし、
今も苦しいと思うこと、たくさんあります。
でも、それは、私が丁寧さを欠きたくない、と
ずっと思っていたことでもあるからなんです。

そう、昨日のレッスンで、
「カノン」の練習が始まりました。
きれいで力強い曲です。
どうしても私はアルパでこれを弾きたい。

「Fotografia」の歌の練習も始めたばかりですが、
じっくり取り組みたいと思います。
ポルトガル語はわからないのですが、
耳で聴いて、それを真似て口に出してみる。
それは、まるでアルプス一万尺を初めて覚えるのと
同じように思います。


◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


2017.1.11
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2017-01-11 15:24 | 愛美通信☆メトロノート


<< ポルトガル語から英語へ-自我復... さて、今日だ!-自我復元後日記... >>