Calc.を歌ってみました-自我復元後日記[148]

今日は、10月から通い始めた歌のレッスンの復習として、
どうしても歌ってみたかった初音ミクさんの「Calc.」を
メトロノームをバックに、歌ってみました。

思い切って、youtubeにアップしたいと思います。

「Calc.(部分)をメトロノームを使って歌ってみました」


「おなかを自分から凹まさずにテンションを維持」と書きましたが、
昨日、T先生のライブを見て、こうしてみようと思ってやってみたことがありました。

おなかよりも、もっと、「中心」(自我復元でいうところの中心です)を下、
「足の指先」「足と地面との接点」にまで落としてみよう、としたことです。
それが、おなかの支えを、無理な力みを与えずに作る、と感じたからです。
その姿勢をベースに、発声時は、中心は、より下部、地面の下に下りていくイメージです。

昨日のT先生の「伸びやかな声」を見て、
先生の身体がどうなっているのかを自分なりに感じ、考えてみた結果です。

今の時点では、こうして、私はおなかのテンションを維持する工夫をしています。

来年から歌う際に留意したいことは、

「粒を揃えていくこと」
「音の動きに流れを作ること」
「声を前に出していくこと」

このあたりを強く意識しながら、
練習して、また、その2、といった感じでアップできたらと思います。

今回は、思いっきり歌うだけでしたが、
歌ってよかったです。

思い切って歌えた、と歌い終わって思いました。

聴いてくださって、本当にありがとうございます。

今回はコメントをON設定にしております。
どんなコメントでも大歓迎ですので、よかったら、コメント下さい。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html


2016.12.24
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2016-12-24 16:18 | 愛美通信☆メトロノート


<< 「踊ってみた」を撮影するための... クリスマスJazzライブに行っ... >>