「踊ってみた人ーぉお!」-自我復元後日記[122]

さて、また今日になりましたが、

さっそくですが、みなさんに!


「何か、何でもいいので、踊ってみた人ーぉお!」


きっとなんか、踊ってくれたんじゃないかな、と
勝手に思っていますが、という私も、
今、先日ご紹介したぺんたさんの
「むかしむかしのきょうのぼく」を踊ってみました。

勢いあまって、続いて、ぺんたさんの
「夜もすがら君想ふ」も踊りました。
ぜひ、興味のある方は、こちら↓をどうぞ。

【足太ぺんた】夜もすがら君想ふ 踊ってみた【正月】

好きな動画でしたが、今までご紹介していませんでした。

今日は、「10年後の私の予定」について
投稿したい、と思います。

この、「踊ってみた」という動画ですが、
私は投稿する際は、ぺんたさんの「バンバンブー☆」が大好きなので
そちらを踊らせていただきたいと思っています。
その際は、ぜひ、見ていただきたいと思っておりますが、
その話はちょっと置いておきまして、

10年後、私は、

「子どもたちが、ラジオ体操をするように、
踊ってみたを踊れる場を作りたい」

と思っています。

それまでに私も振り付けができるくらいに
たくさんたくさん踊っていくつもりですが、
私が踊りで大事にしたいのは3つあります。


「体幹」「指先」「笑顔」


この3つです。


体幹は、自分の身体を振り子(振り子時計)のように
動かしてみる(という私のイメージです)ことです。
そうすると、楽しく見えますし、踊っている自分も楽しいと思います。
説明不足でわからないと思いますが、
「楽しく見えるのは、自分がやっても楽しいから真似してみよう」
ということでいいかな、と思います。

指先は、「自分の思い」そのものだと思います。
これは昨日仕事中、思ったことです。
自我復元で「輪郭などがはっきりとするようになった」
ということが、今までも報告文の中で書かれている方がたくさんいらっしゃいましたが、
私自身、昨日、指先までが自分、自分の思いが届いている感じを体験しました。
そして、指先、というのは、他人と触れ合う一番最初の接点です。
おおげさな言い方かもしれませんが、その接点、指先が、
自分とまわりの世界との「窓」になると、私は感じました。

笑顔は・・・

もしよかったら、やってみてください。

辛い顔をまずします。

歯を食いしばり、「い」の口をめいっぱいします。
ずっとやっていると顔の筋肉が疲れると思いますが、
がんばります。

さらに、目をぎゅーっと、つむります。
そうすると、自然と、頬や口角が上がっていると思います。
上げる気がなくても、上がりますね。

さらに、しばらくそのまま。

いい加減疲れます。

そうしたら、一番、自分が楽に感じるくらいに
顔の力を抜いてみましょう。
目も自然とあくと思います。
口もたぶんまだ「い」の形を残しているかもしれませんが、
どうでもいいので、気にしない。

そうしたら、首をまわしてみます。
首を左右交互に倒してみてもいいです。
・・・これはおまけです(笑)


ちょっと笑顔になったと思います。
ちょっとでOK。この笑顔で踊っていきたいと思います。


10年後、そういう場を作ることができたら、
今、これを読んでくださっている、
あるいは、数年後にこれを読んでくださっている読者の皆さんも、
もちろん、自我復元を一緒にしている皆さんも
子どもたちと一緒に、ぜひ!踊りましょう、踊りに来てください(^^☆



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2016.11.28
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2016-11-28 16:27 | 愛美通信☆メトロノート


<< 愛美じーさん-自我復元後日記[... AC人格との戦い方-自我復元後... >>