AC人格との戦い方-自我復元後日記[121]

今日、自分の身で再度、わかったことがあります。

自我復元中も、そうでした。

AC人格と戦う時、
私が何をしていたか。

桜の間にも先日書かれていましたが、
「身体を動かす」ことです。

脳のメカニズムの視点については
私はわかりません。

むしろ、違う視点になります。

「身体を動かすことで、どうこうになる」
のではなく、


苦しい最中のとき、

「身体を動かす」

以外、できなくないですか?


いや、まず、こう感じていると思います。

身体を動かすことができないんだ、と。
それが、つまり生体反応を失ったゾンビ状態になってしまう、と。


でも、


本当は、


その苦しみの中で、


同時に、


「身体を動かす」


ことしか、できなくないですか?どうでしょうか?


私はそうでした。

今もそうです。


今、話しているのは、
効果的な運動をする、とかではありません。

苦しくてしかたがない時、

もうダメだ、と思った時、

自分の手を見て、
「ぎゅっと握る」。


私は、これしかできない、と
思うこと、たくさんありました。


でも、これなんです。


毒親が阻止しようとしたのは。


身体を動かさないようにさせること。


「身体を動かす」こと、これ自体が、
「元気」そのものなんです。


それが、元気、のことなんです。


私は、今日、これから行きますが、
さっきも、今日までに踊れるようになりたい、と思った踊りを
踊りました。練習不足で踊れませんが、動いて、踊りました。


騙された、と思って、
もしよかったら、私がアップした踊ってみたの動画でもいいので、
踊れなくても、見よう見まねで踊ってみてください。
踊るとか考えず、動きさえすればいい、くらいのつもりで
それでどうなる、とか、そんなの関係ないですから、
「物理的に、ダン、ダン、と動いてみてください」。


自我復元を再開できるはずです。


いいえ、


身体を動かすこと、それ自体が、
「自我復元」以外、何ものでもありません。


時間をかける、のは、
そこです。


やってみてください。


これは、

皆さんが私にそう教えてくれたことです。


助けて、と叫んだ私に、
見える手見えない手が、
無数に私を助けてくれました。


「動けるはずだ」と。


それでは、私は、行ってきます。



◆自我復元に関する資料◆

無明庵サイト「桜の間」
http://mumyouan.com/k/sakuranoma.html




2016.11.27
愛美

●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○●○
[PR]
by jh-no-no | 2016-11-27 08:07 | 愛美通信☆メトロノート


<< 「踊ってみた人ーぉお!」-自我... 今日は一緒に動画を見ませんか?... >>